宮沢りえ、伝説の写真集『サンタフェ』から31年 篠山紀信氏とのタッグ実現で“妖艶カット”公開「心地よい緊張感と興奮」

『ヴォーグ ジャパン』2023年1月号表紙を飾る宮沢りえ  Cover:Kishin Shinoyama (C) 2023 Conde Nast Japan. All rights reserved.
 俳優の宮沢りえが、12月1日発売のファッション誌『VOGUE』の日本版『ヴォーグ ジャパン』2023年1月号の表紙を飾る。撮影を手がけたのは篠山紀信氏で、伝説の写真集『サンタフェ』から31年、日本人なら誰もが知る最強タッグが、再びヴォーグを舞台に競演を果たし、妖艶なカットが公開された。

【表紙】美ワキあらわ!華やかドレスを着こなす宮沢りえ

 撮影のテーマは「匠の技、日本の美」。この特別な撮影のために、ムッシュディオール本人が手がけた1949年春夏オートクチュールコレクションのドレス「ミス ディオール」が時を超え、国境をも超えて撮影のためだけに東京に届けられたほか、三宅一生や森英恵による1970年代の貴重な歴史的アーカイブドレス、友禅と初めてコラボレートし、当時世界的な話題となったヨウジヤマモトの1995年春夏コレクションも撮影のために集結した。

 篠山氏×宮沢だからこそなしえた、ヴォーグならではの「伝説の撮影」が実現。宮沢は「篠山紀信さんは、今持っている自分の全部を出したいって思わせてくれるカメラマンです。篠山さん自身もそれを逃すまいと思って挑んでくれているのが、わかりますしね。今日は篠山さんとの撮影が久しぶりでしたから、そこに本当に心地よい緊張感と興奮がありました」との感想を明かしている。
公開:2022-12-01 17:30
更新:2022-12-01 17:45
ギャラリー [一覧]
↑pageTop