吉沢亮、クリスマスの思い出は「サンタさんが来てくれた」 プレゼント選びにはドキドキ

クリスマスの思い出を明かした吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の吉沢亮が1日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた『ディオール「アトリエ オブ ドリームズ」』のプレビューに参加。黒いセットアップ姿で登場し、同イベントの感想やクリスマスにまつわるトークなどを行った。

【写真】ブラックスーツでクールに登場した吉沢亮

 はじめに吉沢は会場を見渡し、「キラキラしていてゴージャスで…ワクワクしますね」と目を輝かせながら「ARとかもすごく楽しめそうです」と感想を伝えた。

 会場にはディオールのフレグランスも多数ディスプレイされていることを伝えられ、吉沢は「香りは記憶とともにあるものだなと思っていて。香りをかいで何かを思い出す瞬間があるじゃないですか」と切り出し、「それは作品作りとも似ていて、演技と共通する部分があると思う」と持論を展開した。

 また、クリスマスシーズンということで、フレグランスなどをギフトとして贈ることについても聞かれると、「あげる側としては、好みじゃなかったらどうしようってドキドキするけど、もらう側としては、ちゃんと自分のことを考えて選んでくれたんだなって思えてうれしいですよね」と笑顔を見せた。

 そこから幼少期のクリスマスギフトの思い出へと話題が移り、吉沢は「小さい頃はサンタさんが来てくれていて、ソフトじゃなくてゲーム機本体をお願いしたことを覚えています」という微笑ましいエピソードも。「裕福な家ではなかったから、高価なものをお願いできるのは、誕生日かサンタさんだった」と回顧しつつ、「でも、サンタさんが来てくれたのは小6まで。中学から来てくれなくなった(笑)」と肩を落としていた。

 パルファン・クリスチャン・ディオールが主催する同イベントは、きょう2日から11日まで六本木ヒルズアリーナにて開催。クリスチャン・ディオールが愛した邸宅・ラコルノワール城をイメージした会場に、ソフトウェアブランド・METASparkとのコラボレーションで実現した拡張現実や、オリジナルホットドリンクを提供するカフェなどが用意される。
公開:2022-12-01 18:13
更新:2022-12-02 09:23
ギャラリー [一覧]
↑pageTop