市川海老蔵、Snow Man宮舘涼太の挑戦を激励 念願の時代劇へ「可能性が広がる」

宮舘涼太の挑戦を激励した市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
歌舞伎俳優の市川海老蔵(44)、人気グループ・Snow Manの宮舘涼太(29)が4日、都内で行われた初春歌舞伎公演市川團十郎襲名記念プログラム『SANEMORI』製作発表記者会見に出席した。

 『SANEMORI』は、海老蔵が伝統の継承と新時代の歌舞伎の創造を融合させた舞台を目指し、2013年から自主公演として始めた「ABKAI」の5回目(2019年)に、シアターコクーンで上演された。今年11月・12月に歌舞伎座での十三代目市川團十郎白猿襲名披露を控える海老蔵が、この襲名披露興行の次に行う公演となっている。

【写真】凛々しい表情で…“雪”の紋付き姿で登場した宮舘涼太

 宮舘は『SANEMORI』出演をSnow Manのメンバーに報告。その時の様子として、宮舘は「もともと僕が歌舞伎や時代劇に触れたい、そういうお仕事をしたいというのをメンバーも知っているので、『やっとそれが実現できるね』という言葉もいただきました」と明かしていた。

 そんな思いを背負って『SANEMORI』に挑戦する宮舘について、海老蔵は「今、お言葉を拝聴していると、歌舞伎や時代劇に挑戦したいとのこと。昨今、時代劇がずいぶんと衰退しているのではないかと感じているところも個人的にはございます。そういうところで、歌舞伎というものを経験した上で、宮舘さんのような方が時代劇に挑戦していくのは、歌舞伎も伝統文化ですけど、時代劇も代々親しんできた日本の娯楽の1つなので、それを継承される可能性が広がる。こういうことを経験した上で、ご自身のやりたいことの振れ幅が大きくなっていくことを期待したい」とエール。「いい時代劇のお役が来るといいな、と聞いておりました。その時は逆に私を使っていただいて(笑)。よろしくお願いします」と宮舘の背中をぐいっと押していた。

 古典歌舞伎の名作『源平布引滝』より『実盛物語』を主軸にした歌舞伎作品。源平争乱で、智勇を兼ね備えた武将の斎藤実盛が、平家に仕える身でありながら、恩義のある源氏に忠義を尽くそうとする生きざまを、現代の感覚も取り入れて描く。

 『SANEMORI』は、来年1月6日から27日まで、東京・新橋演舞場で上演される。
公開:2022-10-04 18:23
更新:2022-10-04 18:25
ギャラリー [一覧]
↑pageTop