「ロミジュリ」のロミオに“元カノ”がいたの!? 映画『ロザライン』ディズニープラスで配信

誰もが知っている『ロミオとジュリエット』の知られざる“元カノ”の物語『ロザライン』ディズニープラスのスターにて10月14日より日本初独占配信(C)2022 20th Century Studios
 誰もが知るラブストーリーの名作「ロミオとジュリエット」の知られざる元カノ”を主人公にした最新オリジナル映画『ロザライン』が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」で10月14日より日本初独占配信される。

【動画】オリジナル映画『ロザライン』予告編

 キービジュアルの女性こそ、熱く見つめ合うロミオとジュリエットの肖像画の前に何か企んでいるような表情で椅子に座っているロザライン。同作は、ジュリエットのいとこで、ロミオの初恋の相手でもあるロザラインの視点から物語を描いたロマンティック・コメディ。ジュリエットと出会って以来、彼女に夢中になってしまうロミオ。そんな彼をもう一度振り向かせるため、“元カノ”のロザラインは2人の恋を阻止しようとするが…。

 予告編映像は、ロミオとジュリエットがベランダで愛を語る名シーンを庭の茂みからのぞき見してしまったロザラインが、「くず男」と捨てせりぶを吐くシーンから始まる。ロミオをなんとか取り戻そうと、ジュリエットに「あなたはまだ適齢期じゃない。1人の男に落ち着くのはもったいない」などとそそのかし、あの手この手で仕掛けていくが…。しかし、元カノvs今カノの戦いは思いもよらぬ展開に!?

 ロザライン役を演じるのは、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』で数々の賞を受賞し、ディズニープラスのスターで配信中の『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』で2022年エミー賞助演女優賞にノミネートされたケイトリン・デヴァー。

 ロミオ役をカイル・アレン(映画『ウエスト・サイド・ストーリー』、ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー:黙示録』)、ジュリエット役をイザベラ・モナー(映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』)、さらに、映画『グッドウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたミニー・ドライヴァーがロザラインのお世話役として華を添える。

 プロデューサーは、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や映画『フリー・ガイ』のダン・コーエン&ショーン・レヴィ、脚本は『(500)日のサマー』『いま、輝くときに』のスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバー、そして監督は数々の映画祭で絶賛された『ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書』で長編映画デビューしたカレン・メインが務めている。

公開:2022-10-04 22:11
更新:2022-10-04 22:11
ギャラリー [一覧]
↑pageTop