『笑点』メンバー円楽さん追悼 木久扇「がっかりです」好楽「早すぎるよ」

三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.
 落語家の三遊亭円楽さん(享年72)が9月30日に肺がんで亡くなったことを受け、日本テレビ系『笑点』の大喜利コーナーで共演していたメンバーから、同局を通じてコメントが寄せられた。

【写真】おなじみの“笑点メンバー”とともに…笑顔をみせる林家たい平&三遊亭円楽さん

 円楽さんは、1950年2月8日生まれ、東京・墨田区出身。円楽一門会所属。三遊亭楽太郎として『笑点』などで人気を博す。2010年3月1日、6代目三遊亭円楽を襲名した。2018年に肺がん、2019年に脳腫瘍、2020年には肺がんの再発と初期の大腸がんが見つかり、そして脳梗塞と闘った。

 今年1月25日に脳梗塞のため入院した円楽さんは、5月20日に退院していたが、7月放送の『笑点』にVTR出演。今年8月11日は、高座復帰を果たしたが、同27日には、軽度の肺炎のため入院していた。1977年に三遊亭楽太郎として『笑点』メンバー入りを果たし、2010年に六代目三遊亭円楽を襲名した。大喜利コーナーへの出演は、1月30日が最後となった。

◆林家木久扇
訃報に接し、突然なことなので悲しみというより・・・表現の仕様がありません。私のことを「おじさん」と格別に呼んでくれていたお付き合いでした。がっかりです・・・安らかにおやすみ下さい。

◆三遊亭好楽
先程会って来ました。いい顔してました。開口一番は「なんで俺より先に逝くんだ」でした。俺より四つも若いんだよ。早すぎるよ。笑点でも落語界全体でも本当にお世話になりました。博多落語祭り、札幌落語祭り等々、沢山の仕掛けをして動き回ってました。やっと休めるね。ご苦労さまでした。心よりお悔やみ申し上げます。

◆三遊亭小遊三
気丈な人だから必ず復帰してくれると信じてましたが…残念です。笑点の世話役で公私ともにお世話になりました。またゴルフ仲間でもあり、楽しい思い出がたくさんあります。まだちょっと信じられません。

◆春風亭昇太
円楽師匠の訃報にふれ言葉もありません。倒れられてからも笑点の収録に遊びに来られていて、みんなで軽口を交わした時が最後になってしまいました。とても真っ直ぐな方で、博多天神落語まつり等、数々の落語イベントを企画されるなど、落語にも真剣に向き合う姿が忘れられません。先日も国立演芸場で復帰の高座を務めたばかりで、近いうちに楽屋でお会い出来るものと思っていただけに、とても残念です。

◆林家たい平
ラジオ収録途中に入ってきた、突然過ぎる訃報に全く受け止められないのが今の気持ちです。強い気持ちを持っている師匠でしたので、必ず戻って来てくださると信じていました。
あまりにも早すぎます、あまりにも突然過ぎます。もっと色んな話しをしたかったですし、教えてもらいたかった。落語を愛し、笑点を愛し、本当に優しい師匠でした。私が笑点に入ってから常に隣に円楽師匠がいてくれました。どれだけ心強かったかわかりません。師匠が帰って来たら、あれもしたいこれもしたいとずっと思っていたことが、もう叶えられないんだと思うと寂し過ぎます。時に兄のような存在であり、落語の大先輩であり。たくさんの教えを受けました。まだまだやり残したことがたくさんあると思います。少しでも円楽師匠の想いを繋いで行けたらと思っています。大好きでした円楽っち!はやすぎますよ!もっと一緒にいたかったです。
公開:2022-09-30 22:24
更新:2022-09-30 22:29
ギャラリー [一覧]
↑pageTop