井上尚弥"指導者としての未来"に言及「選手と指導者の気持ちが一致することが大事」

指導者の未来に言及した井上尚弥 (C)ORICON NewS inc.
 プロボクサーの井上尚弥が9月30日、トレーニングブランド『SIXPAD』の特別オンラインイベントに参加し、事前抽選で当選した50名にオンラインで「ボクシングトレーニング」を行い、質疑応答などにも対応した。

【動画】4団体統一戦に向けた近況報告&LA合宿の成果を明かす井上尚弥

 イベント終了後には囲み取材に対応した。他人に指導を行うことについて聞かれ、井上は「結構教えるのが好きで、今も後輩にアドバイスしたりしている」といい、「高校3年間は父親のジムの会員さんに教えたり、ミットを持ったりもしていた」と過去の指導経験も明かした。

 さらに、「分かりやすく教えることを意識している」とし、取材陣からの「将来的にもし指導者になったら、どんな指導を行いたいか?」という質問に対しては、「どういう指導者っていうのはないですけど、選手と指導者の気持ちが一致することが大事だと思うので、そういう関係を築いていくこと、そういう指導者になりたいですね」と、具体的な理想像も口にした。

 また、次の試合は未定であるとしつつ、9月6日~18日に弟の拓真、いとこの井上浩樹らとともに行ったロサンゼルス合宿で「階級の近いトップ選手とスパーリングを行った」と語り、「合宿の目的は果たせた」と自信を見せた。

 『SIXPAD』は、EMSシリーズの累計出荷台数300万台突破を記念し、今年3月1日から4月18日までキャンペーンを実施。期間中に同ブランドのEMS商品、またはEMSオンラインジム「SIXPAD HOMEGYM」商品の購入者から、抽選で井上とのオンライントレーニング体験や賞品をプレゼントした。

公開:2022-09-30 20:35
更新:2022-09-30 22:25
ギャラリー [一覧]
↑pageTop