石川恋、“須崎”杉野遥亮の恋を応援!?「凛花的には複雑ですけど…幸せになって!」

『ユニコーンに乗って』の場面カット(C)TBS
 俳優・永野芽郁が主演を務める、TBS系火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』(7月スタート 毎週火曜 後10:00)。須崎功(杉野遥亮)と幼なじみで思いを寄せる・倉田凛花を演じる石川恋が、後半戦に突入した本作の魅力を語ってくれた。

【写真】凛花が好意を寄せる…杉野遥亮演じる須崎功

 脚本家・大北はるか氏による完全オリジナルストーリーで、教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」の若きCEO・成川佐奈(永野)らの奮闘と恋を描く。ある日突然、会社の雰囲気とはまったく異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきて、巻き起こる大人の青春ドラマ。

 改めて作品の魅力を問われた石川は「なかなか新しい挑戦って勇気がいることだと思いますが、その背中を押してくれるようなすごく勇気をもらえる作品だと思います。青春を感じられる物語で脚本を読んでいてワクワクしました」と語る。

 そんな石川が演じる凛花は、須崎と家族ぐるみの付き合いの幼なじみで、美容系インフルエンサーとしてSNSで若者から人気を集めている。凛花は幼いころから須崎のことが好きで、高校時代に付き合っていたこともある。佐奈が現れてから須崎の人生が悪い方向に変わっていったと思っており、何かと佐奈に文句をつけ、須崎に執着している。

 劇中では佐奈を演じる永野と対立するシーンも多い。共演を重ねて「芽郁ちゃんは年下ではありますが、とても頼もしい存在。佐奈の真っ直ぐさ、芯の強さは芽郁ちゃんと共通していると思いますし、その佐奈がいるから私も凛花として存在できる。現場で芽郁ちゃんが佐奈でいてくれるからこそ、私も凛花として負けたくないという気持ちでお芝居ができています」と語り、リスペクトの眼差しを向けた。

 今作では“当て馬”のようなポジションだが、その役どころも楽しんでいる様子の石川。「功(杉野)の佐奈に対して一途で、時に葛藤している部分、小鳥さん(西島秀俊)に嫉妬している表情などに惹かれますね。凛花的には複雑ですけど…、視聴者目線で『功、頑張れ! 幸せになって!』って思っちゃいます(笑)」と笑顔で話していた。
公開:2022-08-16 06:00
更新:2022-08-16 06:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop