『拾われた男』有村架純のサプライズ出演で華々しくスタート、第2話は松本穂香に注目

ドラマ『拾われた男』第1話に本人役でサプライズ出演した有村架純=ディズニープラスで見放題独占配信中 (C)2022 Disney & NHK Enterprises, Inc.
 俳優の松尾諭のうそみたいな波乱万丈な半生を、原作・松尾諭×脚本・足立紳×主演・仲野太賀でドラマ化した『拾われた男』。6月26日に放送・配信がスタートし、第1話には松尾が出演した“日本の国民的人気ドラマ”を再現した冒頭シーンに有村架純が“ウエイトレス姿のみね子”として(本人役)登場するサプライズがあった。第2話にもサプライズはあるのか? 今夜(3日)午後10時よりNHK BSプレミアムで放送、午後11時よりディズニープラスで配信開始となる。

【画像】ドラマ『拾われた男』第2話の場面写真

 金なし、美貌なし、ただ「俳優になりたい」夢だけがあった男が、ある日、自販機の下で偶然見つけた航空券を“拾った”ことで、人生が大きく動き出す。人に“拾われる”力を手に俳優道を駆け上がり、かつて”捨てた”兄を救いに憧れの地・アメリカへ。人生の可笑(おか)しみあふれるヒューマン・コメディ。

 第1話は、主人公・松戸諭(仲野)が、俳優を目指して上京。先にモデルを目指して上京していた幼なじみの杉田(大東駿介)のアパートに転がり込む。そして、諭が拾った航空券の持ち主は、モデル事務所の社長・山村(薬師丸ひろ子)だった。諭は運良く山村に“拾われる”が、杉田は…。アルバイトに明け暮れる日々の中、実家の母から兄・武志(草なぎ剛)がアメリカに旅立ったという知らせが入る。

 原作者の松尾自身も本人役で登場したほか、劇団・東京乾電池のオーディションのシーンで、劇団の結成メンバーである柄本明、ベンガル、綾田俊樹の3人が本人役で出演。杉田の彼女・ヨシコ役で岸井ゆきのもインパクトを残した。

 第2話は、アルバイト先のレンタルビデオ店の同僚で、妙に自分をほめてくれる田畑(松本穂香)に恋をする諭。田畑はホラー映画好きということを聞きつけ、諭は大して興味のないホラー映画を頻繁に借りて田畑との距離を詰め、告白に至るも保留とされてしまう。

 一方、肝心の俳優業ではオーディションに落ち続ける。そんな折、諭は、先輩俳優の林(水澤紳吾)の伝手で、戦争映画に出演することに。敗走する兵士の役を無我夢中で演じ、自分のカットが映画で上映されるのを感慨深く見る諭。しかし、林はワンカットも映っていなかった。諭は役者の厳しさを知る。そして、田畑の返事を得るために、彼女に会いに行くが…。

 同ドラマは毎週日曜、午後10時よりBSプレミアム、午後11時よりディズニープラス「スター」で見放題独占配信。
公開:2022-07-03 08:30
更新:2022-07-03 10:25
ギャラリー [一覧]
↑pageTop