竹内涼真&平手友梨奈&新木優子、役者としてそれぞれの信念明かす「まじめな話になっちゃうんですけど…」

ドラマ『六本木クラス』制作発表記者会見に登場した(左から)香川照之、新木優子、竹内涼真、平手友梨奈 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の竹内涼真(29)、新木優子(28)、平手友梨奈(21)、香川照之(56)が29日、都内で行われたテレビ朝日系連続ドラマ『六本木クラス』(7月7日スタート、毎週木曜 後9:00)制作発表記者会見に登場した。

【動画】竹内涼真に神フォローをした平手友梨奈

 それぞれの信念がぶつかり合うドラマの内容にちなみ、役者としての信念について言及した竹内は「まじめな話になっちゃうんですけど…」と前置きし、「SNSとかネットでいろんな情報が手に入ったり便利な時代じゃないですか。でも、自分たちがつくる作品にまわりの意見やどう見られているかという情報を入れすぎると、本来自分たちがやりたかったものに一本筋が通らなくなるような気がして、僕はそういう情報を極力一回置いておいて、何が自分たちがやりたいのかということを意識することを心がけている」と語った。

 新木は「たくさんの方のお陰でこうやって作品ができあがるんだなと毎回思うんですけど、見えないスタッフさんをはじめ、いつもお世話になっているスタッフさんを含めて、みなさんに感謝の気持ちを忘れないっていうのは、生きている上でもお仕事でも大切にしたい」と思いを伝えた。そして平手は「何か表現するものがあれば、それに対して自分にできることは何でもやるっていう思いがあります」と信念を語った。

 本作は、Netflixで大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院クラス』を日本に置き換えて翻案した、漫画『六本木クラス』を「日韓共同プロジェクト」としてリメイクした物語。六本木の居酒屋「二代目みやべ」店長の宮部新(竹内)が、自らを絶望の淵に追いやった長屋ホールディングス会長・長屋茂(香川)とその息子に土下座をさせて罪を償わせるために、復讐を誓う。

 Wヒロインの一人で、新の同級生でありながら敵対する長屋ホールディングスで働く楠木優香役を新木、もう一人のヒロインで、新が営む居酒屋「二代目 みやべ」を大きく成長させていくマネージャー・麻宮葵役を平手が演じる。

公開:2022-06-29 16:00
更新:2022-06-29 19:39
ギャラリー [一覧]
↑pageTop