町田啓太と森マリア、理想の身長差カップル誕生か? ロマンチックな場面写真解禁

映画『太陽とボレロ』(6月3日公開)(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会
  水谷豊監督作品第3弾『太陽とボレロ』(6月3日公開)より、町田啓太と森マリアの仲睦まじい様子が切り取られた新場面写真が到着した。

【画像】映画『太陽とボレロ』より、ロマンチックな場面写真

 本作は、“クラシックのオーケストラ”を題材に、音楽を愛する普通の人々の人間模様を描いた洒脱なエンターテインメント作品。ある地方都市で18年間活動を続けてきたアマチュア交響楽団である弥生交響楽団の解散が決まり、それを期に巻き起こる楽団メンバーのそれぞれの悲喜こもごもを描く。不協和音が響き、問題山積みの中、主宰者の花村理子(檀)は最後のコンサートを計画するが…。

 町田が演じるのは、アマチュア交響楽団のトランペット奏者・田ノ浦圭介。圭介は、石丸幹二演じる鶴間が経営する中古車販売店で働きながら交響楽団にも所属し、少し擦れたような発言をしながらも、音楽とひたむきに向き合う姿がなんとも憎めないチャーミングなキャラクター。

 森が演じるのは、圭介と同じ弥生交響楽団のヴァイオリン奏者・宮園あかり。父を亡くし経済的な問題からプロになる夢をあきらめ、やっとの思いで弥生交響楽団に入団し、音楽に対して人一倍強い思いを持った、まっすぐで明るい女性を演じている。

 圭介とあかりが向かい合うカフェのシーンは、なんといっても満開のツツジが印象的。水谷監督によって色鮮やかに映し出される、幻想的なロケーションの数々も本作の見どころ。またこのシーンは、弥生交響楽団のコンサートが間近に迫る中、プロのオーケストラを鑑賞し圧倒されてしまった圭介と、盛り上がるあかりの姿を描いたシーン。演奏を聞いた直後の圭介とあかりの表情の差が印象的に映し出されている。

 また、ホールで見つめ合う2人の姿も。解散を目前に控えた弥生交響楽団の今後について語り合う姿が切り取られている。さらに、あかりが圭介に寄りかかっている姿を映し出したシーンも公開。一体どんなシーンなのか? 常に前向きなあかりと少し弱気な圭介のユーモラスな掛け合いも本作の見どころの一つとなっている。
公開:2022-05-24 18:00
更新:2022-05-24 18:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop