芦田愛菜、Gペンに顔をほころばせ漫画執筆に挑戦 映画『メタモルフォーゼの縁側』本編映像

『メタモルフォーゼの縁側』(6月17日公開)(C)2022「メタモルフォーゼの縁側」製作委員会
 女優の芦田愛菜と宮本信子の共演で、ボーイズラブ“BL”でつながった17歳と75歳の年齢を超えた友情と挑戦を描く、映画『メタモルフォーゼの縁側』(6月17日公開)より、芦田演じるうららが初めて漫画執筆に挑戦するシーンの本編映像が解禁となった。

【動画】うらら(芦田愛菜)が漫画執筆に挑戦する本編シーン

 引っ込み思案な女子高生・うららと、夫に先立たれ孤独に暮らす老婦人・雪(宮本)が、BL漫画をきっかけに出会い、一緒に漫画を読んで、一緒に笑って、一緒に泣いて、時には激論を交わして育んでいく年の差58歳の友情と、新たな挑戦が描かれる。

 仲良くなってからというもの、頻繁に雪の家の縁側でBL談義に花を咲かせるうららと雪だったが、「自分でも描いてみたくならないの?」という雪の言葉をきっかけに、描き手側に挑戦、同人誌の即売会“コミティア”へ参加することを決意する2人。

 今回解禁となった本編映像には、フリマアプリで購入した執筆道具が届き、早速開封するうららの様子が映し出される。ドキドキしながら初めて触るGペンに顔をほころばせ、解説動画をみながらそっと一筆目を堪能。その後も夢中で机にかじりつき、手や紙をインクで汚しながらも没頭して作業する。

 初めて漫画を描くことに挑戦するうららと、うららと協力してコミティアへ参加する雪。新しいことに挑戦することで一緒に“メタモルフォーゼ”していく二人に勇気をもらえる。

公開:2022-05-20 07:00
更新:2022-05-20 07:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop