Jリーグ、6月から『声出し応援エリア』設置へ 不織布マスク着用のうえで運営検証

Jリーグ公式試合における声出し応援の段階的導入を発表
 Jリーグは17日、各試合において、効果的な感染症対策を講じながら声を出して応援できる「声出し応援エリア/声出し応援席」を段階的に導入していくことを発表した。政府の基本的対処方針に基づき実施するもので、6月上旬~7月にかけて数試合で運営検証を行い、希望するすべてのクラブが声出し応援エリアを導入できるよう進めていく。

【写真】講談社がアンフィールドで行った読書イベントの模様

 対象となる試合は、6月4日か11日のいずれかに、茨城県立カシマサッカースタジアム行われる『JリーグYBCルヴァンカッププレーオフステージ 鹿島アントラーズVS未定』と、6月12日に味の素スタジアムで行われる『明治安田生命J2リーグ第21節 東京ヴェルディVSいわてグルージャ盛岡』。

 声出し応援席については、対象試合の観戦席の一角を、座席間隔を広く保った「声出し応援可能エリア」として指定し、指定エリア内の座席(声出し応援席)を購入された来場者に限り、不織布マスク着用のうえで声を出して応援することができる。声出し応援エリアは当面の間、「声を出して応援できること」に特化したエリアとし、食べ物を食べたり、飲酒をする行為は禁止し、エリアの外で行わなければならない(アルコール飲料を除く水分補給は可能)。

 声出し応援の対象ではない試合や、対象外のエリアの声出し応援は引き続き禁止行為となり、近日中に声出し応援ルールをまとめた「声出し応援に関するガイドライン」を公表する。

 声出し応援エリアの運営検証の段階では、対象試合では感染拡大防止のため全席来場制限を行い、政府の基本的対処方針の定めに従い「スタジアム全体の収容率が5000人もしくは50%の大きいほう」を上限とし、さらに声出し応援エリア自体にも人数上限を設ける。
公開:2022-05-17 20:19
更新:2022-05-17 20:19
ギャラリー [一覧]
↑pageTop