オーディション番組発ZILLION・ワタル、Z世代にメッセージ届ける「現実から目を背けずに、良い環境にしていきたい」

『ONE in a Billion』シーズン2を勝ち抜いて結成されたZILLIONのメンバー・ワタル(C)ORICON NewS inc.
 強力な個性と武器を持つ9人で結成された男女混成ダンスボーカルグループ・ZILLIONは、YouTubeで1年にわたって展開されたオーディション番組『ONE in a Billion』シーズン2で結成された。ダンスリーダーを務めるワタルは、持ち前の明るいキャラクターでメンバーのムードメーカー的存在でもある。

【動画】一発芸も披露! ZILLIONのムードメーカー・ワタル

 「いつでもネタとか一発芸をできるように考えています。メンバーにはおもしろくないって言われることが多いんですけど(笑)、100個やって1個でも笑ってもらえればいいかなって思って続けています」と、自らグループの盛り上げ役を担っている。

 アーティストを志した理由は、幼い頃に見たアイドルの姿への憧れからだという。「母親に連れて行ったもらった嵐さんのコンサートに衝撃を受けて、アーティストを夢見るようになりました。高校時代に人生のプランニングを描き、夢を現実にしたいとダンスの専門学校に進みました。オーディションに合格したときは、僕の夢を知っていてくれた友人たちが『努力が報われたね』と一緒に喜んでくれたのがうれしかったです」と。

 昨年12月に『Timeless』でプレデビュー。最新曲『やめとこっか』は、BTSやSixTONESなどの振付で知られるGAMMIのSotaが手掛けた超高速ダンスも魅せどころだ。「スーパーなコレオグラファーのSotaさんに振付していただける環境に感謝しています。パフォーマンスする以上はいただいたもの以上の表現をしたいと身が引き締まりました。特にサビの振りはとてもキャッチーなので、ライブでファンのみんなと一緒に踊ってひとつになれる、そんな曲に育てていきたいです」。

 歌詞にはSNSが身近にあるZ世代のジレンマがユーモラスかつシニカルに描かれている。「僕は『誹謗中傷はストップ』という歌詞にとても共感しています。みんながSNSを楽しんで使えたらいいけど、病んでしまう子もいる。そういう現実から目を背けず、環境を少しでも良くしていきたいし、同世代の僕たちだからこそ届けられるメッセージがあるんじゃないかと思っています」。

 オーディションで出会った、年齢も出身地も違うメンバーが、ZILLIONを結成して仲間になった。「小さい頃から、いつかドームツアーをしたいという夢を追ってきました。その夢に9人で向かえるのがとても心強いですね。それと、いつかZILLIONの楽曲の振付を担当してみたいです」。

■ワタル(ZILLION)プロフィール
生年月日:2001年10月5日
年齢:20歳
出身地:山口県
特技:10秒で人を笑顔にさせる
趣味:格闘技鑑賞

■ZILLION

ソニーミュージックが主催し、YouTube上で展開されてきたオーディション番組『ONE in a Billion』シーズン2で結成された平均年齢19歳、9人組の新世代ダンスボーカルグループ。昨年12月22日に「Timeless」でプレデビューを果たした。3月30日にはプレデビュー第二弾シングル「やめとこっか」がリリースされた。

公開:2022-05-18 18:00
更新:2022-05-18 18:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop