賢人・青木瞭『セイバー』キャストに感謝「新しい家族ができた」 撮影の思い出を語る

『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』公開記念舞台あいさつに参加した青木瞭 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、女優の川津明日香、上堀内佳寿也監督が28日、都内で行われたVシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の公開初日記念舞台あいさつに登壇した。

【動画】『セイバー』感動の舞台あいさつ!涙をこらえて決めせりふを叫ぶ内藤秀一郎

 昨年8月に最終回を迎えた『仮面ライダーセイバー』のテレビシリーズから8年後を描く物語。『セイバー』にとっては初の単一劇場作品となる。テレビシリーズでの衣装で登場したキャスト4人。青木は仮面ライダーエスパーダ/富加宮賢人役を演じた。「この1年間は実りのある1年になりました」としみじみ。賢人は闇落ちしたことから「2面性のある役をやらせていただいた。2つの富加宮賢人を演じられたことで、お芝居のスキルも少しだけでも上がったのかなと思います」と振り返る。

そして「中でも1番、大事だったのは、監督も含め、みんなで1年間やった。また新しい家族ができた。楽しいメンバーと1年間、お仕事できるのは、もうきっとない。1年を通してお芝居を楽しめたのは、いい経験になった。新しい友だち、家族ができたのは最高の幸せ」と口にすると、左右のキャスト陣を見渡しながら「ありがとう、みんな」と頭を下げていた。

 最後に青木は「『仮面ライダーセイバー』が始まり、最終章まで駆け抜けた僕たちの表情や佇まいを思い返して、Vシネを見ていただけたら。僕たちにとっては唯一の単一劇場作品。本当に思い入れが深い。最後の作品で1番、成長できた姿をお見せできると思う。1話から思い返して見ていただけると最高の作品になっていると思います」と呼びかけ。「仮面ライダーセイバー、1年間、ありがとうございました」とあいさつを締めくくっていた。

 本作は、きょう28日から映画館で期間限定上映を行い、5月11日にBlu-ray&DVDがリリース。通常版のほか、作中で登場する変身アイテム「DXアラビアーナナイト&月光雷鳴剣黄雷エンブレム」と「アメイジングセイレーンワンダーライドブック」が付属した【DXアラビアーナナイト&アメイジングセイレーンセット付属版】も同時発売となる。

公開:2022-01-28 20:53
更新:2022-01-28 21:01
ギャラリー [一覧]
↑pageTop