『セイバー』飛羽真・内藤秀一郎、最後の舞台あいさつで魂の決めせりふ絶叫「物語の結末は俺が決める!」

『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』公開記念舞台あいさつに参加した内藤秀一郎 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、女優の川津明日香、上堀内佳寿也監督が28日、都内で行われたVシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の公開初日記念舞台あいさつに登壇した。

【動画】涙をこらえ…決めせりふを叫ぶ内藤秀一郎

 昨年8月に最終回を迎えた『仮面ライダーセイバー』のテレビシリーズから8年後を描く物語。『セイバー』にとっては初の単一劇場作品となる。テレビシリーズでの衣装で登場したキャスト4人。撮影の1年半を振り返った主人公・仮面ライダーセイバー/神山飛羽真役の内藤は「この1年半、いろいろありました。でも、僕の中で1番、人としても役者としても成長できた1年半。仮面ライダーで、役者としてやっとスタート。それまで、芝居を何度かしたことがありましたが、芝居で生きていく心構え、気持ちが足りなかった部分があった。でも、この『仮面ライダーセイバー』で学んだ。キャスト、スタッフ、応援してくださる皆様を得て、やっと役者としてスタートできた。自分を成長させてくれた1年半でしたね」としみじみ。

 また、上堀内監督は「もう、どこに出しても恥ずかしくない人たちに成長した。作品にちなんで言うと8年後が楽しみ。そんな人たちになってくれた」と、さらなる成長を期待。内藤は「こうやってみんなの前に並んで立つのは最後かなと思います。監督が、8年後の僕たちが楽しみと言ってくれた言葉。僕たちは一生、芝居を続けます。それぞれが、それぞれの道で頑張り続けます。僕たちのことを、ずっと応援してほしいなと思います」と決意表明。続けて「何度も『深罪の三重奏』を見てほしいです」と呼びかけながら内藤は、瞳に涙を溜め込むと「物語の結末は俺が決める! 1年間、『仮面ライダーセイバー』を応援してくださり、ありがとうございました!」と魂を込めて飛羽真の決めせりふを絶叫していた。

 本作は、きょう28日から映画館で期間限定上映を行い、5月11日にBlu-ray&DVDがリリース。通常版のほか、作中で登場する変身アイテム「DXアラビアーナナイト&月光雷鳴剣黄雷エンブレム」と「アメイジングセイレーンワンダーライドブック」が付属した【DXアラビアーナナイト&アメイジングセイレーンセット付属版】も同時発売となる。

公開:2022-01-28 20:32
更新:2022-01-29 10:28
ギャラリー [一覧]
↑pageTop