DOPING PANDA、10年ぶり再結成 3月にアルバム 4月からZeppツアー

解散から10年の時を経て再結成を発表したDOPING PANDA(左から)Taro Hojo、Yutaka Furukawa、Hayato Beat
 2012年に解散した3人組ロックバンド・DOPING PANDAが、10年の時を経て再結成することが28日、発表された。3月に全曲新曲のオリジナルアルバム『Doping Panda』をリリースし、4月からは東名阪Zeppツアーを開催する。

【動画】演奏シーン満載 11年ぶりアルバム収録曲「Imagine」MV

 Yutaka Furukawa(Vo/Gt)、Taro Hojo(Ba)、Hayato Beat(Dr)のオリジナルメンバーでの10年ぶり再結成では、約11年ぶりとなる通算5枚目のフルアルバム『Doping Panda』を3月2日にリリース。書き下ろしの新曲全10曲収録し、初回生産限定盤にはミュージックビデオ2曲を収録したDVDが付く。

 発売日には、ドーパンの“聖地”、東京・新代田FEVERで100人限定のリリースイベント『Reunion Kickoff Party at FEVER』を開催。チケットの一般販売は行わず、アルバム予約購入者限定抽選となる。

 このイベントを皮切りに、ワンマンツアー『∞ THE REUNION TOUR』を開催。4月23日に東京・Zepp Haneda、5月7日に大阪・Zepp Osaka Bayside、5月8日に愛知・Zepp Nagoya、5月22日に再びZepp Haneda公演が行われる。

 YouTubeでは、アルバム収録曲「Imagine」のミュージックビデオを公開。3人による演奏シーン満載で、彼ららしさと、アップデートされた新しいドーパンを感じることができる。監督は大喜多正毅氏が務めた。

 再結成を記念し、公式サイトをリニューアル。メンバーのコメントも掲載されている。オフィシャルファンクラブ「DOPAMANIA CLUB」も開設され、ファンにはおなじみのTaro Hojoを中心としたメンバーによるブログ「t-log」、ここだけでしか見ることのできないメンバーによる映像・ラジオなど、盛りだくさんなコンテンツが用意されている。

 DOPING PANDAは1997年に結成され、2000年7月にシングル 「dream is not over」でインディーズデビュー、2005年4月にミニアルバム『High Fidelity』でメジャーデビューした。数々のロックフェスに出演、ヨーロッパツアーを開催するなどして活躍したが、2012年4月19日、 TOKYO DOME CITY HALL 公演をもって惜しまれながら解散。10年ぶりの再結成となる。

■『∞ THE REUNION TOUR』ツアースケジュール
4月23日(土):東京・Zepp Haneda
5月7日(土):大阪・Zepp Osaka Bayside
5月8日(日):愛知・Zepp Nagoya
5月22日(日):東京・Zepp Haneda

公開:2022-01-28 19:00
更新:2022-01-28 19:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop