木村昴、梶裕貴にうっとり?「本当にイケメンですね~」

梶裕貴(右)にうっとりする木村昴(C)ORICON NewS inc.
 声優のファイルーズあい、木村昴、沢城みゆき、梶裕貴が28日、都内で行われた映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』初日舞台あいさつに出席。イベント冒頭、観客に向けてメッセージを送るなか、梶にあいさつ順が回ると、横で聞いていた木村は「本当にイケメンですね~」と茶々を入れ、「(観客が)お声が出せないから代弁してみました」と笑顔を浮かべた

【動画】梶裕貴&木村昴&沢城みゆき&ファイルーズあいの生アフレコの様子

 全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの大人気ゲーム「バイオハザード」から生まれた実写映画シリーズをリブート。舞台は、巨大複合企業<アンブレラ社>の拠点があるラクーンシティ。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールドは、<アンブレラ社>がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールドはクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて2人は街中をさまよう住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、2人は<アンブレラ社>が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが…。

 日本語吹き替えキャストとして、クレア役を務めたファイルーズは「中学生の頃にバイオハザードのゲームを友達と焦りながらプレイしていました。そんな歴史ある作品に携わることができて、本当にうれしいです」と感無量の様子。

 一方でクリス役の木村は「ゾンビ映画は得意じゃない」と正直に告白。沢城(ジル・バレンタイン役)が「最初は『バイオハザードか…』って。すごいなと思いつつ、『どのくらい怖い?』という確認をして、いろんな意味で緊張しました(笑)」と続くと、梶(レオン・S・ケネディ)も「僕もホラーゲームは苦手で、子どもの頃は興味があったけど、プレイすることができなかった」と笑いながら明かしていた。

 4人中3人が“ホラーゲームが苦手”と告白する結果となったが、木村は「自分のアフレコで携わるのは話が別。アフレコはビクビクしながらも、とっても楽しかったです!」と振り返り、「皆さんもマジで楽しみにしててください!」と観客に向け、手応え十分の様子でアピールした。

 イベントではそのほか、登壇者たちによる生アフレコと「タイトルコール選手権」と題した企画が実施された。

公開:2022-01-28 19:06
更新:2022-01-28 21:37
ギャラリー [一覧]
↑pageTop