鈴木伸之、バレンタインの思い出は母からの板チョコ「共働きで忙しい中で」

バレンタインの思い出を明かした鈴木伸之 (C)ORICON NewS inc.
 劇団EXILEの鈴木伸之が27日、東京・ブルガリ銀座タワーで『ブルガリ イル・チョコラート「サン・ヴァレンティーノ2022」』スペシャルアンバサダー就任イベントに参加した。

【動画】「ノーコメントで…」バレンタインの予定を聞かれタジタジな鈴木伸之

 毎年、バレンタインに向けて発売されるブルガリ イル・チョコラート「サン・ヴァレンティーノ」の2022年の発売を記念して、鈴木がアンバサダーに就任した。就任の感想について鈴木は「光栄な気持ちでいっぱい。イル・チョコラートの魅力を伝えられたら」と笑顔を見せた。

 バレンタインの思い出について聞かれると鈴木は「母親が手作りではないんですけど板チョコをくれた。毎年、必ず。3兄弟なんですけど、3人分買ってきてくれた」と懐かしむ。「それがスゴく印象的。両親は共働きだった。なかなか手作りのチョコを作る機会もない忙しい中、気持ちがスゴくうれしかったです」としみじみ。稀代のイケメンだが、モテエピソードではなく、心温まる話でほっこりさせていた。

 ブルガリ イル・チョコラート「サン・ヴァレンティーノ2022」のテーマは、「永遠の都、ローマ」。古代ローマと、その時代の食文化からヒントを得た食材をしようした5つのフレーバーとなる。それらを、前菜からメイン、デザートに見立て、順番に食べると味わい深くなるという。

公開:2022-01-27 14:08
更新:2022-01-27 17:55
ギャラリー [一覧]
↑pageTop