中村芝翫、新型コロナウイルス感染 歌舞伎座の公演は松本幸四郎が代演

中村芝翫 (C)ORICON NewS inc.
 松竹は27日、歌舞伎俳優の中村芝翫(56)が新型コロナウイルスに感染したため、歌舞伎座『壽 初春大歌舞伎』第二部『春の寿 三番叟』の三番叟(さんばそう)への出演を見合わせることを発表した。代役は、松本幸四郎(49)が務める。

【写真】代役を務める松本幸四郎

 松竹によると「中村芝翫ですが、体調不良の諸症状が出たため、PCR検査を実施し、新型コロナウイルス感染症『陽性』であることが確認されました」と報告。「これに伴いまして、松竹による調査のもと、濃厚接触者に該当する者はおりませんでした。なお、劇場内の該当箇所等の消毒を実施し、また、客席への影響はないことを確認いたしましたので、各部の公演につきましては、予定通り上演いたします」と伝えた。

 その上で「また、中村芝翫については健康状態の経過観察を行うと共に、保健所の判断に従い、随時、必要な対応をして参ります。歌舞伎座では今後も、専門家の指導を仰ぎながら、ご来場の皆様は勿論のこと、出演者、公演に携わる全ての関係者の安全を確保し感染拡大防止に向け、迅速に対応してまいります。皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げますとともに、引き続きご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけた。
公開:2022-01-27 13:01
更新:2022-01-27 13:05
ギャラリー [一覧]
↑pageTop