東京03・角田&六角精児、日曜劇場『DCU』第4話ゲスト出演 角田は“追い込み漁”経験活かす?

日曜劇場『DCU』第4話に出演する(左から)東京03・角田晃広、六角精児(C)TBS
 俳優の阿部寛が主演するTBS系日曜劇場『DCU』(毎週日曜 後9:00)第4話に、お笑いトリオ・東京03の角田晃広、俳優の六角精児がゲスト出演することが27日、発表された。

【写真】スキューバダイビングのライセンスを取得!海の中を泳ぐ横浜流星

 ドラマの舞台となるのは、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団「DCU(潜水特殊捜査隊)」。彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し、“水中未解決事件の解明”をミッションに掲げる。「DCU」の隊長・新名正義を阿部が演じ、新名とバディを組む隊員ダイバー・瀬能陽生(せのう・はるき)を横浜流星が演じる。

2020年放送の日曜劇場『半沢直樹』でも好演をみせた角田が演じるのは、北陸中央医科大学の法医学教授・真鍋宗雄(まなべ・むねお)。真鍋は数々の司法解剖を担当しており、新名(阿部寛)や瀬能(横浜流星)から事件の詳細を求められる場面も。初共演となる阿部と角田がどのような演技バトルを繰り広げるのか、期待が高まる。

 六角はこれまで数多くの日曜劇場に出演。中でも阿部寛が主演を務めた18年放送の『下町ロケット』では、阿部演じる佃航平たちとコンペで競うライバル企業の営業部長を熱演し話題になった。今作で演じるのは、潜水機器メーカー・アクアディープの営業課に勤める月島秀樹(つきしま・ひでき)。潜水機器を取り扱っているため、海上保安庁などにも営業で出入りする。事件を追う新名たちの前に現れた月島は、事件の鍵をどう握るのか。

■コメント

<角田晃広(東京03)>
視聴者として放送開始を楽しみに待っていたドラマでしたので、出演のお話をいただいた時は驚きました。そして緊張が走りました。ただ10年ほど前に番組の企画でダイビングライセンスを取得し、追い込み漁をした経験があるので、そこが唯一の強みになるかもなと。
いつ潜れと言われても大丈夫なように気持ちの準備だけはしていきました。どうなっているのかは、見ていただきたいですが、DCUの皆様と体力の全てを使ってきましたので、第4話、阿部寛さん、横浜流星さんをはじめ、DCUメンバーの熱に、特に注目してご覧になっていただきたい回です!

<六角精児>
泳ぎが苦手なので、お話をいただいたときに、水に浸かるのかと一瞬不安になりましたが…。
阿部さんとご一緒できて光栄でした。
公開:2022-01-27 12:00
更新:2022-01-27 12:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop