家事育児の疲労が蓄積した年末年始、眠り続ける姿勢を貫いた夫に妻ブチ切れ「3児の父だという自覚を持ってほしい」

年末年始の休み、なかなか起きてこないパートナーに「さすがに、シンドいよ?」と告げる月野あさひさん(画像提供:@asahi_3kids)
 あっという間に過ぎ去った、年末年始の休暇期間。今年は自宅から出ずに過ごした家庭も多かったのではないか。インスタグラムでは「寝てる夫にキレた話。」として、様々な準備で忙しい妻の視点で描かれた実録漫画に反響が。バタバタしている妻を見て見ぬふりか、眠り続けてしまう夫の構図に「わーかーるー!」「家にいるのに何もやらない夫にイライラします」「子ども一人増えてる気分になりました」などとモヤモヤの声が集まった。作者の月野あさひさん(@asahi_3kids)に、家族で過ごした年末年始について話を聞いた。

【漫画】怒り湧き上がる…妻の目がギロリ、「さすがにシンドいよ?」眠り続ける夫にブチ切れる年末年始

■自分で起きない理由は? 「ママがなんとかしてくれる」と甘えている夫

ーー家事はどんどん溜まっていき、お子さんたちは些細なことで喧嘩を始め、月野さんは「ムリやー!」と思ったと当時の感情を綴られていました。あらためて、年末年始はどのような状況だったのかお聞かせください。

「お休み初日は、夫も休ませてあげたいなと思って、あれやこれや言わないようにしていました。でも毎朝、早いと5時から起きている子どもたちの声が聞こえているのに、声を掛けないと全く起きてこない夫に段々と怒りが沸いてきて…。昼食の準備が増えるので家事はいつも以上にあるし、子どもたち3人もいるので、仕事は休みだけど、家事育児は休みじゃないんですよね。夫も分かっているはずなのに、自分が休みたいという思いを優先していたのでズビッと言いました」

ーー漫画では、寝ている夫の布団をはがして「私が一人だったらこんな風に思わないだろうけど、パパが毎日家にいる状況で、言わないと何も手伝ってくれない状況だとさすがにシンドいよ?」と夫に告げる描写が。この時、どのような反応をされていましたか?

「この時は『はい、すみません』と言って焦って起きていました。だけどその後も毎日自分で起きて来ないので、毎朝私が起こしていました…」

ーーパートナーさんに対して、感謝する部分、不満に思っている部分、両方教えていただけますでしょうか?

「夫は『素敵な夫』です。優しいですし、悩み事を相談すると一緒に考えてくれてとても頼りになる存在です。ただ、子どもたちの『父親』としては不満がありますね。もっと育児に主体的になって欲しいな…と思います。休み中も起こさないと寝ているのは『ママがなんとかしてくれる』と思っていて、私に甘えているんだと思います。もう少し『3児の父』だということを自覚して欲しいなと思います」

■大切にしているのは「言葉で伝え合うこと」

ーー漫画には「わかる!」という共感の声が。あらためて反響についてどのように感じましたか?

「いつもは子どもたちの可愛いエピソードを描いているのですが、今年は自分のありのままの姿も描いていきたいなと思って描いたエピソードです。共感して下さったり、いいねやコメントを下さって、本当に嬉しいです」

ーー月野さんが、パートナーさんと夫婦関係を築いていくなかで大切にしているこをお聞かせください。

「私が大切にしていることは、『言葉で伝え合う』ことです。一緒に暮らす夫婦といえど、相手が何を思っているかは分からないので…。嬉しい時はもちろん、不満に思った時にも心に留めずに伝えるようにしています」

ーーこの年末年始の期間で、家族ですごろくやお菓子づくりもできて、楽しい休息期間でもあったと投稿されていました。お休みを振り返ってみて、今はどのような気持ちですか?

「正直、平日より大変でしたが…(笑)。でも子どもたちとすごろくや段ボールハウスを作って遊んだりして楽しかったです。わちゃわちゃしながらも、家族みんなが元気に過ごすことが出来て、良い年末年始でした」
公開:2022-01-15 08:40
更新:2022-01-15 08:40
ギャラリー [一覧]
↑pageTop