【レコ大】INI、新人賞受賞に「イエーイ」 30日生放送は「感謝の気持ちを込めて」

TBS『第63回 輝く!日本レコード大賞』記者会見に出席したINI(左から)木村柾哉、田島将吾 (C)ORICON NewS inc.
 11人組ボーイズグループ・INIが7日、『第63回 日本レコード大賞』の表彰式および記者会見に登壇した。新人賞を受賞したINIは、30日にTBS系で生放送される『第63回輝く!日本レコード大賞』(後5:30~10:00)で最優秀新人賞を目指す。

【全身ショット】スラリとしたスーツ姿で登場した木村柾哉&田島将吾

 オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生したINIは、11月3日に1stシングル『A』でデビューしたばかり。この日はメンバーを代表し、木村柾哉と田島将吾が登壇した。

 表彰式で新人賞の盾を受け取ったリーダーの木村は「僕たちINIというグループは、本当にたくさんの方々に支えられて結成されたグループです。その中でこのような名誉ある賞を受賞することができて、本当にうれしく思います」と喜びをかみしめ、田島は「30日は今年最後の舞台となるので、感謝や僕たちはもっともっと飛躍していくんだぞという意志を込めて、11人で今年の集大成となる舞台を作ろうと思います」と決意を語った。

 その後の記者会見でも木村は「新人賞を受賞させていただき、本当にありがとうございました。ファンの皆さまの支えがあってこそ活動できていると思うので、30日は感謝の気持ちを込めてパフォーマンスさせていただきたいと思います」と語り、田島は「これからも感動を与えられるパフォーマンス、そして最高の僕たちのパフォーマンスをお届けできるように、精いっぱい11人で頑張っていくので、応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

 新人賞受賞の報告はメンバー11人とマネージャーで集まって聞いたといい、木村は「“イエーイ!”という感じで、全員でその瞬間を喜んでいました」と回顧。「新人賞は最初で最後かもしれないので、その一瞬を大切にパフォーマンスさせていただきたいと思います」と言葉に力を込めた。

 新人賞はINI、TAEKO、マカロニえんぴつ、望月琉叶の4組が受賞。TBS系で12月30日午後5時半~10時まで4時間半にわたって東京・新国立劇場から生放送される『第63回輝く!日本レコード大賞』でパフォーマンスし、最優秀新人賞が決定する。司会はTBSの安住紳一郎アナウンサーが10年連続、女優・吉岡里帆が2年連続で務める。
公開:2021-12-08 05:00
更新:2021-12-08 05:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop