若者たちが感じる“孤独”に語りかけるミュージカル映画~特別映像解禁

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』(公開中) (C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
 第71回トニー賞6部門(主演男優賞、作品賞、脚本賞、楽曲賞、助演女優賞、編曲賞)、第60回グラミー賞(最優秀ミュージカルアルバム賞)、第45回エミー賞(デイタイム・クリエイティブ・アーツ・エミー賞)を受賞したブロードウェイ・ミュージカル映画化した『ディア・エヴァン・ハンセン』(公開中)より、出演キャストが振り返る“A Look Inside”映像が到着した。

【動画】“A Look Inside”映像

 ミュージカル初演から3年半もの間演じ続け、本作で再び主人公エヴァン・ハンセンを演じたベン・プラットは「ミュージカルが社会現象となり、舞台を飛び出して映画になるなんて」と驚きをみせる。エヴァンの母ハイディを演じるジュリアン・ムーアは「ミュージカルを観た時、あまりにも感動的で驚いたわ」とコメントし、コナーとゾーイの母シンシアを演じるエイミー・アダムスは「この物語を必要とする人が大勢いるはず」と力説。「自分を重ねられるキャラクターが必ずいる」とベンが語っているように、エヴァン以外にもシンシアや妹ゾーイ、義父ラリーなど、全てのキャラクターが痛みを抱えている本作には、多くの人々を受け入れる懐の広さがある。

 監督のスティーヴン・チョボスキーは、映画版『ディア・エヴァン・ハンセン』は現代の若者が抱えるメンタルヘルスの問題“ソーシャルメディアや同級生の中で感じる孤独”についてダイレクトに語りかけることができる機会だったと振り返る。「特にパンデミック後は、こうした問題がより深刻な状況だ」と舞台版が作られた当時よりもさらに広まっていると語り、本作の監督を務めるにあたって特別な思いを込めた。

 不安や絶望、喪失感に苦しむキャラクターたちの複雑な家族関係を、繊細なニュアンスと思慮深い見識で描いた監督の手腕に、製作陣は感銘を受けたそう。製作のアダム・シーゲルは「監督は自分が脚本を書いたかのように、本作のキャラクターを非常に深く理解しているんだ。感情的な真実味をもってストーリーを語る彼の才能に、私たち全員が強く引きつけられた。彼は全身全霊をこの作品に捧げてくれたよ」と感謝を語っている。

公開:2021-11-27 09:00
更新:2021-11-27 09:13
ギャラリー [一覧]
↑pageTop