『最愛』第7話 しおり(田中みな実)の悲しすぎる最期 意識混濁で性被害、そして15年後に…

ドラマ『最愛』第7話の場面カット (C)TBS
 女優・吉高由里子が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『最愛』(毎週金曜 後10:00)の第7話が26日、放送された。

【写真31枚】意識混濁で性被害に…衝撃の過去が発覚したしおり(田中みな実)

 しおり(田中みな実)は、真田ウェルネスが経営する老人ホームに出入りし、真田グループの不正を執拗に追い、ついに寄付金詐欺まで疑惑の目が届く。そんな彼女に対し、後藤(及川光博)は再び取材をやめさせようと動く。

 その後、梨央(吉高由里子)と再会を果たしたしおりは、康介(朝井大智)による15年前の連続暴行事件の被害者の一人だったことを告白。高校生の頃、合同合宿で知り合っていた梨央としおり。当時、梨央は暴行事件直前の意識が混濁したしおりの姿を見ていたことも明らかとなる。

 性被害を受け、人生が一変してしまったしおりは、さらに「罪を犯した人間は報いを受けるべきなんです」と、康介(朝井大智)の父・昭(酒向芳)殺害に関与しているような発言を口に…。事件解明へ物語が加速するかと思いきや、第7話のラストでは、ビルから転落し変わり果てたしおりの姿が。

 衝撃のラストに視聴者からは「しおりが可哀想すぎる…」「過去が明らかになった直後のまさかの死。死亡フラグがたったと思っていたが、まさか直後とは…」「最後に梨央に向けた悲しい笑顔が辛かった。しおりの人生が狂わされたまま幕を閉じてしまって、やるせない気持ちになりました」などの声が寄せられている。
公開:2021-11-27 09:10
更新:2021-12-02 16:49
ギャラリー [一覧]
↑pageTop