生島ヒロシ、アナウンサー46年目にして初の大相撲実況 松木安太郎を意識?

(左から)生島ヒロシ、秀ノ山親方
 フリーアナウンサーの生島ヒロシ(70)が21日、アナウンサー生活46年目にして初の大相撲実況にチャレンジした。大相撲九月場所10日目。ABEMA TV『大相撲LIVE』に登場し、『古希デビュー戦』を飾った。

【写真】“生島企画室”軍団が集結!

 生島は1976年4月、アナウンサーとしてTBSに入社。主にエンタメ、情報畑を歩み89年にフリーとなった後も古巣TBSで「スーパーサッカー」のMCはつとめたものの、実況中継の経験はなかった。「以前、ロッテと西武主催の野球の試合で、副音声の司会をしたことはありましたが、実況はありません。初体験に、緊張・島倉千代子です」。

 「大相撲を見るならABEMA」の掛け声で登場した生島は、元大関琴奨菊(ことしょうぎく)の秀ノ山親方(37)を相手に、しゃべりで押しまくった。生島の相撲の原点は、「柏鵬(横綱柏戸と横綱大鵬)」時代と言う生島は、“相撲版”松木安太郎(63)を意識? 随所に「GOOD JOB!」「エラい!」「いい勝負をありがとう」を連発。結びの一番『照ノ富士対宇良』の熱闘には、「スタンディングオベーション!」「驚いたね、コレは」「大したもんだ!」「今日のお客さんは来て良かった」と興奮していた。

 初体験を終えた生島は、「アッという間の2時間でした。どれもいい勝負で、興奮しながらしゃべっていたら、久しぶりに声がカレてしまいました。もともと相撲は好きなので、なんとか完走することができましたが…」と疲労困ぱいの様子だった。生島は24日にも出演する。
公開:2021-09-21 19:32
更新:2021-09-21 19:32
ギャラリー [一覧]
↑pageTop