【おかえりモネ】百音、菅波先生に「ずっと会いたか…」 2人の進展に「ニヤニヤが止まらない」

『おかえりモネ』第55回より(C)NHK
 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。きょう30日放送の第55回では、再会を果たした百音(清原)と菅波先生(坂口健太郎)の約10分にもわたるシーンに多くの反響が集まった。(※ネタバレあり)

【場面写真】百音と再会しても冷静な表情の菅波先生

 この日の放送では、思いがけず菅波と再会した百音が、仕事で空回ってしまったことを相談すると、少々理屈っぽくも優しさのある菅波らしいアドバイスが返ってきて百音は元気を取り戻す。力んでしまっていた百音を心配していた朝岡(西島秀俊)や莉子(今田美桜)も、肩の力が抜けた様子に一安心。そんな中、台風が東北の太平洋側から上陸しそうだという情報が飛び込んでくる、という内容だった。

 百音と菅波先生のシーンは、コインランドリーで洗濯が終わるまでの10分、百音の悩みを菅波先生が聞くことに。百音の相談内容に、菅波先生は“勝手な分析”と前置きしつつ「ド新人の空回りですね」と、彼らしい言葉で百音を励ました。

 菅波先生の言葉を受けて、笑顔を見せた百音は「私、先生にずっと会いたか…」と言いかけたところで、洗濯機の終了の音が鳴り響いた。しかし、その言葉は菅波先生に届いていたようで、照れたような、うれしいような表情を浮かべていた。

 2人ならではの時間に「会いたかったって思いが伝わっただけでも、今の菅波先生とモネにとっては大きな前進」「先生にも伝わったから、じっくりうれしさを噛みしめている気がする」など、坂口が見せたわずかな表情の動きに注目する声が届いた。

 また「不器用だけど冷静で優しい」「いい言葉をかけてくれる」「なんで洗濯機そこで鳴る」「ニヤニヤがとまらない」「きゅんきゅんでした」など、2人の関係を見守る意見も集まっている。
公開:2021-07-30 11:33
更新:2021-07-30 11:33
ギャラリー [一覧]
↑pageTop