天童よしみ、十二単まといミュージカル挑む「登場したときの皆さんの驚きが楽しみ」

天童よしみが出演するミュージカル・バラエティショー『「三都物語」~京都・巴里・東京 装束サマーフェスティバル~』
 歌手の天童よしみが、7月14日に東京・日本青年館ホールにて上演されるミュージカル・バラエティショー『「三都物語」~京都・巴里・東京 装束サマーフェスティバル~』に出演すると21日、発表された。

【画像】きらびやかな装束をまといミュージカルに出演する天童よしみら

 本作は、日本の宮廷装束や服飾文化を研究し製造する井筒(京都)の装束をまとった出演者が、ミュージカルやJ-POP、古今東西の歌はもちろん、タップダンス、舞踊、ジャズ、和楽器演奏など、あらゆるエンターテインメント要素で歌い踊るミュージカル・バラエティショー。演出はミュージカルやコンサートなど幅広いジャンルで演出を手掛ける菅野こうめい氏、音楽・ピアノはトップアーティスト達と共演している大貫祐一郎氏が務める。

 出演は天童のほか、シャンソン歌手のクミコ、ミュージカルの土居裕子、岡田浩暉、日野真一郎((LE VELVETS)、ブレイク☆スルー(鯨井俊介、吉田涼哉、伊藤純平)といったメンバーが名を連ねた。煌びやかな本物の装束をまとった出演者が、本気の音楽とパフォーマンスで魅せる。

 チケットの一般発売は7月3日午前10時より。

■天童よしみコメント

 十二単(ひとえ)は今回、私のために新たに作っていただいたとお聞きして、本当に光栄な限りで。十二単といえば、限られた女性しか着ることができない高貴な装束だったでしょうから、女性の憧れを一身に引き受けたようで、この幸せをお届けしたいという気持ちにもなりますし。私が十二単で登場したときの皆さんの驚きが楽しみです。

 さまざまな曲を歌うことになりますが、なかでも「愛の讃歌」は楽しみにしています。昔から、名曲をフューチャーして歌っていきたいと思っていたので、このシャンソンの名曲にチャレンジできるのは本当にうれしいこと。巴里(パリ)をイメージして、ちょっとお洒落に歌えたらいいなと思ったりしています。ほかにも、普段はあまり歌う機会がない曲を歌うことになります。共演の皆さんと一緒に一つになって作り上げていくすばらしさを感じながら、皆さんが喜んでくださるものをお届けしたいと思います。
公開:2021-06-21 06:00
更新:2021-06-21 06:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop