夏木マリ、モネ&菅波先生は「いいコンビ」 観客も大きな拍手

『土曜スタジオパーク』に宮城県登米市から出演した(左から)夏木マリ、清原果耶(C)NHK
 女優の清原果耶と夏木マリが19日、NHK総合で放送された『土曜スタジオパーク』に、宮城県登米市の登米祝祭劇場から生出演。現在放送されている連続テレビ小説『おかえりモネ』のこれまでを振り返った。

【場面写真】菅波先生をじっと見つめる百音

 百音(清原)と菅波(坂口健太郎)の関係を振り返る内容が流れると、会場に集まった観客からも大きな拍手がわき起こり、MCが「夏木さんとしては、今後2人にどのようになっていってほしいですか?」と問うと、夏木は「ふふふふ(笑)。まったく違うアプローチの2人ですけど、いいコンビだと思います」と太鼓判を押した。

 続けて、百音の妹・未知役の蒔田彩珠から「(清原が)周りをよく見ている」というVTRコメントが寄せられると、夏木も「本当にしっかりしている!こんなお姉さんがほしい」と答え、清原も目を丸くしながらうれしそうな表情を浮かべた。

 最後にファンへのメッセージを求められると、夏木は「モネがなんとなく天気の勉強を始めまして、これから気象予報士になっていくんだと思います。東京へも行って、大人になって、そして『おかえりモネ』というタイトルですから、きっと帰ってくると思います! モネの成長を見守りながら、楽しんでいただければと思います」とアピール。

 清原は「土地も食も人もすごくすてきな舞台で撮影できることを本当にありがたく思います。モネの成長をこれからも見守っていただければと思います」と話した。
公開:2021-06-19 17:57
更新:2021-06-19 17:57
ギャラリー [一覧]
↑pageTop