アナザースカイ木曜深夜にお引越し 今田耕司が司会続投&初回ゲストに市川猿之助

新『アナザースカイ』初回ゲストの市川猿之助 (C)日本テレビ
 日本テレビ系トークバラエティー『アナザースカイ』が、15日から毎週木曜深夜24時59分にお引越し。(※関東ローカル)。司会は今田耕司が続投され、初回ゲストに市川猿之助を迎える。今田はお引越しに際して「いつか海外ロケにも行ける”アナザースカイ”が出来るように、今、表現出来る事をスタッフみんなで全力でお届けしたいと思います!アナザースカイ“パート3”をお楽しみに!」と呼びかけている。

【写真】『アナザースカイII』のMCを務めていた今田耕司&広瀬アリス

 2009年以来、11年半ぶりの出演となる猿之助が“アナザースカイ”として神奈川県・横浜を巡る。まずは横浜の馬車道にある、思い出のとんかつ老舗店へ。子供のころ、たった一度訪れただけのお店だが、今でも鮮明に覚えているという猿之助は、店内に飾られた棟方志功の版画が、とても印象的だったのだとか。ほかにも、横浜は幼少期の思い出の地が次から次へとあふれ出る。

 慶應義塾大学へ入学後は横浜市の日吉キャンパスに通う日々。歌舞伎から離れて、自由に、真剣に、勉強に取り組んでいたことを振り返る。観光船マリーンルージュにも、思い出が。目に映る景色に、探究心と好奇心はとどまることを知らず、船内アナウンスにもしっかり耳を傾ける姿も。中華街にもたくさんのなじみのお店があり、役者業一本になりたての時期に、舞台終わりでよく訪れていたというお店『慶福楼』はお店の移転先がわからかったものの、今回、約20年ぶりに訪問がかなった。

 思い出の味に舌鼓を打ちながら、歌舞伎の世界と平行して映像の世界へと活躍の幅を広げた今、多忙を極めるなかで、「本来の自分に戻せる場所」の大切さを改めて噛みしめる。楽しく、自由だった大学時代の思い出が詰まった場所・横浜は「歌舞伎」を忘れ、プライベートな自分に戻れる場所。それが猿之助にとっての“アナザースカイ”での素の一面を垣間見える。
公開:2021-04-14 18:00
更新:2021-04-14 18:00
ギャラリー [一覧]
↑pageTop