全国ニュース

国葬、終戦直後に制度化案 GHQ恐れ、政教分離を明確に

9/24 21:00
 日本政府が検討した国葬案が記された公文書

 日本政府が終戦直後の1946年、連合国軍総司令部(GHQ)の命令で国葬制度が廃止されることを恐れ、政教分離を明確にして国民が追悼する儀式として国葬を制度的に残す方向で検討、政府内で素案をまとめていた…

残り741文字/全文841文字 ※本文の一部を表示しています
記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]
[PR]
[PR]
↑pageTop