全国ニュース

古墳時代初頭に中型犬か 奈良・纒向遺跡

8/15 18:03
 奈良県桜井市の纒向遺跡から出土していた古墳時代初頭の犬の骨(桜井市教育委員会提供)

 邪馬台国の有力候補地とされる纒向遺跡(奈良県桜井市)で出土していた古墳時代初頭の犬の骨を分析したところ、背中までの体高は約48センチで中型犬の大きさと推定されることが15日、分かった。古代の犬は、小…

残り530文字/全文630文字 ※本文の一部を表示しています
記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]

県内ニュースランキング >>もっと見る

[PR]
[PR]
↑pageTop