ログイン

ここから先の閲覧については有料会員登録が必要です。すでに会員の方はこのままログインしてください。

※登録をしていない方はログイン後に有料会員登録用ページに遷移します

※格安スマホを利用しているなど、キャリアのIDをお持ちでない方は「クレジット会員」をお選びください

※会員専用ページは「Cookie(クッキー)」を利用します。お使いの端末のブラウザー設定で「Cookie(クッキー)」を有効にしてください

モバイルやましん

県内ニュース

アランマーレ、11連勝逃す バレーVリーグ女子2部

2023/01/16 11:07
〈アランマーレ―ルートインホテルズ〉第2セット、アランマーレの菅原里奈(左)とオケケアル・メソマチ(中央)が相手のスパイクをブロックする=鶴岡市小真木原総合体育館

 バレーボールのVリーグ女子2部は15日、鶴岡市小真木原総合体育館などで4試合を行い、本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレはルートインホテルズに1-3で敗れた。開幕からの連勝は10でストップした。順位は2位のまま。

 第1セットは、サーブレシーブの失敗などで波に乗れず19-25で落とした。第2セットは菅原里奈のブロックやオケケアル・メソマチのアタックなどで中盤まで優位に進めたが、終盤に逆転されて23-25で競り負けた。第3セットは中盤までリードを許したものの、草島華穂のサービスエースをきっかけに逆転に成功。25-23とした。第4セットは最後まで競り合ったが、23-25であと一歩及ばなかった。メソマチが20得点、菅原が13得点、前田美紅が12得点だった。

 次戦は21日、岐阜市の岐阜メモリアルセンターでJAぎふと対戦する。

強気なサーブ対応に苦戦

 【アタック】相手チームの高い攻撃力を防ぎ切れず、競り負けた。菅原里奈やオケケアル・メソマチのブロック、有薗未也美のレシーブなど粘り強い守備からの攻撃で得点を重ねたアランマーレ。終盤まで一進一退の攻防を演じたものの、序盤にサーブで崩されたことなどが響いた。

 「相手の強気なサーブへの対応に時間がかかった」と北原勉監督。相手は昨シーズンの優勝チームで今シーズンは既に2敗している。「全身全霊で来ることは分かっていた」。第1セットは終始押され気味で、序盤からリードを広げられた。「相手に対してどれだけ早くアジャスト(適応)するかを次に生かしたい」と修正点を口にした。

 相手の変幻自在の攻めにも苦しめられた。「相手のスパイカーを絞り切れず、1、2セット目は苦しい展開だった」と菅原。有薗は「最初の2セットは相手のレフトから何本も決められた。もっと先に先にと修正できていれば」と唇をかんだ。

 ただ、2セットを先取されて後がない3セット目は終盤に逆転し、その後も接戦を繰り広げた。木村友里主将は「1、2点差でセットを取り切れなかったのは悔しい」としつつも「最後の最後まで一丸となって戦い切れたことは収穫。次のホーム戦ではさらにレベルアップした姿を見せたい」と前を向く。敗戦を糧にさらなる成長を目指す。

地元ファン700人がエール

 ホーム2連戦で2連勝とはならなかったが、2日間で千人を超える地元ファンらが応援に駆け付けた。ハリセンや手拍子でエールを送り、選手たちの健闘をたたえた。

 2日目の15日、鶴岡市小真木原総合体育館の観客席には約700人が集まった。試合には惜しくも敗れたものの、バレーのスポーツ少年団に所属する同市藤島小4年阿部心彩(こいろ)さん(10)は「強烈なスパイクなどすごいプレーを見ることができた」と感激した様子。同市櫛引中1年渡部煌瑛(こうえい)さん(12)は「選手の最後まで諦めない気持ちを感じた。残りの試合も1部昇格を目指し頑張ってほしい」と期待を寄せた。

アランマーレ

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

試合中、アランマーレの選手に声援を送る来場者試合中、アランマーレの選手に声援を送る来場者
写真・画像の無断転載を禁じます。
↑pageTop