県内ニュース

上山で楽しい一日を 市内の女性4人が準備、来月9日にお祭り企画

2022/09/30 14:26
イベント開催に向けて話し合う(左から)中川瞳美さん、薄井吹季さん、武田任以さん、萩生田充知子さん=上山市

 上山市内で子育てと仕事に励む女性4人が「けやきの森のおまつり2022」の開催に向け準備を進めている。新型コロナウイルス禍でも、子どもたちに祭りの雰囲気をゆっくり味わってもらう狙い。来月9日に同市民公園で飲食物販売やステージ発表、働く車の展示などを行う。実行委員会代表の武田任以(まい)さん(40)=金生西2丁目=は「難しい時代だが楽しい思い出をつくってほしい」と願う。

 実行委メンバーは武田さんと中川瞳美さん(43)=二日町、薄井吹季さん(38)=石堂、萩生田充知子さん(43)=軽井沢2丁目=の4人。始まりは、武田さんが5月に交流サイト(SNS)に「上山のみんなが楽しめるイベントをしたい」「上山は楽しい、おいしい、居心地がいい。そんな気持ちを味わってほしい」と投稿したことだ。中川さんと薄井さんが賛同し、萩生田さんも加わり、7月から打ち合わせを重ねた。

 出店者はSNSなどで募った。「音楽がないと寂しいよね」とステージ発表を盛り込み、上山警察署には車両の展示を依頼。名称は子どもたちにわくわくしてもらえるように、あえて「おまつり」とした。

 今月21日夜は萩生田さん宅に4人が集まり、会場の配置や参加団体への対応を話し合った。武田さんは「とにかく上山を元気にしたい。子どもを中心にして家族で楽しめるイベントにする」。思いは一つだ。

 開催時間は午前10時~午後4時。会場には▽雑貨など32店舗が出店する「てんと村」▽11店舗がアップルパイやフルーツサンドを販売する「ごはん村」▽地元中学の吹奏楽部などがステージ発表する「けやきの森の発表会」▽フリーマーケットや縁日を実施する「こども村」を設ける。パトカーなどの展示も予定している。入場無料。問い合わせは武田さん090(6622)5186。

記事・写真などの無断転載を禁じます
↑pageTop

ログイン

ここから先の閲覧については有料会員登録が必要です。すでに会員の方はこのままログインしてください。

※登録をしていない方はログイン後に有料会員登録用ページに遷移します

※格安スマホを利用しているなど、キャリアのIDをお持ちでない方は「クレジット会員」をお選びください

※会員専用ページは「Cookie(クッキー)」を利用します。お使いの端末のブラウザー設定で「Cookie(クッキー)」を有効にしてください

モバイルやましん