県内ニュース

自転車にもなる電動バイク 山形パナソニックが販売

2022/05/29 13:56
山形パナソニックが取り扱いを始めたミニバイクと自転車のハイブリッドバイク「GFR―02」=山形市

 山形パナソニック(山形市、清野寿啓社長)はミニバイクと自転車を組み合わせたハイブリッドバイク「GFR―02」の取り扱いを始めた。電動バイクとして車道を走行できるほか、ペダルをこいで進む電動アシスト付き自転車にもなる。折り畳み式で収納、持ち運びも便利だ。価格は登録・整備込みで22万円。

 充電式で3時間半の充電で25キロを走行可能で、最高時速30キロ。サイズは全長125センチ、全高95センチ、全幅60センチ。黄、青など4色がある。バイクとしてはナンバー登録、免許携帯、ヘルメット着用が必須。自転車として乗るには別途器具が必要で今後発売される。

 SDGs(持続可能な開発目標)実現の一貫で、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロのGFRに着目した。次世代乗り物製造のベンチャー企業「glafit(グラフィット)」(和歌山市)の商品。

 山形パナソニックは「スタイリッシュかつおしゃれで、乗ると楽しい」とPRする。定額利用やシェアサービスも検討する。問い合わせはe―ソリューション営業部023(622)5580。

記事・写真などの無断転載を禁じます
↑pageTop

ログイン

ここから先の閲覧については有料会員登録が必要です。すでに会員の方はこのままログインしてください。

※登録をしていない方はログイン後に有料会員登録用ページに遷移します

※格安スマホを利用しているなど、キャリアのIDをお持ちでない方は「クレジット会員」をお選びください

※会員専用ページは「Cookie(クッキー)」を利用します。お使いの端末のブラウザー設定で「Cookie(クッキー)」を有効にしてください

モバイルやましん