トップイメージ
トップイメージ

今季の山新月間MVPは9月選出分で終了となります。ご投票ありがとうございました。

月間MVP 受賞選手

9月 MF チアゴ・アウベス選手 #20
自動昇格圏内の横浜FCと対戦した第36節、途中出場ながら2ゴールを挙げ、勝利に導いた。他に第34節岩手戦でも1得点。3季ぶりのJ1参入プレーオフ出場を目指すチームをけん引した。


8月 FW デラトーレ選手 #9
8月の4試合は全て途中出場ながら計4ゴールと奮闘した。第30節山口戦は後半ロスタイムに左足で劇的な決勝点を奪い、2度の先行を許した第32節琉球戦は今季2度目の1試合2得点でチームを救った。


7月 FW ディサロ 燦シルヴァーノ選手 #29
J1清水から期限付きで加入し、第27節秋田戦からスタメン入り。第29節町田戦ではMF山田康太の右クロスを足で合わせて初ゴール。苦戦していた本拠地で5試合ぶりの勝利をもたらした。


6月 GK 後藤雅明選手 #1
1勝2分け2敗と苦しい戦いが続いた中、守護神としてチームを鼓舞し続けた。J2金沢で昨季、長身を生かしたシュートストップでブレーク。山形では足元の技術を磨き、進化を図っている。


5月 MF チアゴ・アウベス選手 #20
2-1で今季初の4連勝を決めた第14節栃木戦。試合終了間際、ゴール前のこぼれ球から浮き球シュートを決め、劇的な決勝点を挙げた。第15節大分戦では2戦連続となるゴールを決めた。


4月 MF 山田康太選手 #10
完全移籍を決め、在籍2季目は背番号10を担う。第10節町田戦は約60㍍をドリブルで独走し、右足のミドルシュートで同点ゴール。圧巻の個人技を見せ、得点はJ2の月間ベストゴールに選ばれた。


2~3月 FW 藤本佳希選手 #11
愛媛から完全移籍で加入。第4節甲府戦にセットプレーから頭で今季初得点をマークすると、3戦連続で計4ゴールと勢いづいた。競り合いの強さや力強い突破を見せ、主軸を担う。


↑pageTop