柳亭小痴楽 その男、ヤングマンコラム一覧

大好きなおじいちゃん師匠たち

1/21
柳亭小痴楽

 世間ではお正月気分なんてとっくに消えているのではなかろうか。どっこい、われわれ噺家はまだまだお正月気分を持って寄席に向かっている。というのも、新年が明けると毎日、噺家は自身の手ぬぐいを持ち歩き、その年初めてお会いする先輩芸人に「本年もよろしくお願いいたします」という気持ちを込めて手ぬぐいを渡す。先輩は受け取るとお返しに「こちらもよろしく」と、手ぬぐいをくれる。この先輩との手ぬぐい交換が私は好きだ。
 毎年、正月興行が終わると、頂いた手ぬぐいを見直しながら、高座用のサイズに畳んだり、香盤順(芸歴順)に並べたりして整理する。仲間内以外にも、仕事先でお世話になっている方に配ったり、見に来てく…

残り1268文字/全文1568 文字 ※本文の一部を表示しています
柳亭小痴楽 その男、ヤングマン 2019年9月に真打ちに昇進した新進気鋭の逸材が、落語界をはじめ人々との出会い、エピソードについて生き生きと描きます。毎週更新
記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]

県内ニュースランキング >>もっと見る

[PR]
[PR]
↑pageTop