柳亭小痴楽 その男、ヤングマンコラム一覧

初めての人情噺

1/27
柳亭小痴楽

 数多くある古典落語。生涯を通してやりたい噺はたくさんある。小さい頃から人に笑ってもらうのが大好きで、口を閉じることのなかった私。やっぱり好きなタイプの噺は滑稽噺だ。軽くてひょうひょうとしたバカバカしい落語が大好きなのだ。私が「この噺を教わろう」と思う時は、面白いと思ったからなのは当たり前だが、それと必ず、その噺の登場人物に共感を覚えたから。「あ、こいつの気持ち分かるかも!」と思ってから、噺を教わる。
 前座修業時代は、何の芸もないのに自分らしさを出してウケたいという浅はかな、余計な考えは隅にやり、師匠から教わったことを忠実に守って、落語を聞いてもらう空気をつくることが第一でウケるのは二…

残り1796文字/全文2096 文字 ※本文の一部を表示しています
柳亭小痴楽 その男、ヤングマン 2019年9月に真打ちに昇進した新進気鋭の逸材が、落語界をはじめ人々との出会い、エピソードについて生き生きと描きます。毎週更新
記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]
[PR]
[PR]
↑pageTop