汐留鉄道倶楽部コラム一覧

昼間に軌陸車が走る新金線

5/20
新金線の線路を走ってきた作業用の軌陸車

 東京都の下町を南北に走る貨物線に、沿線の住民から熱いまなざしが向けられている。総武線の新小岩駅と常磐線の金町駅を結ぶ通称「新金(しんきん)線」で、長さ約7キロの単線だ。地元自治体の葛飾区が旅客化に向けた検討に取り組んでおり、時には東京ローカルのニュースとして取り上げられることも。一方、鉄道ファンは珍しい臨時列車が走る路線として注目している。
 新金線を訪れるのに、新小岩から歩くか亀戸から歩くか悩んだ。機関車や貨物車両が休む信号場を見渡せる上、近くに「中川放水路橋りょう」という有名な鉄橋があることを考えると、新小岩から出発するのが“徒歩鉄”の王道だろう。何と言っても新金線は「総武本線の支…

残り1565文字/全文1865 文字 ※本文の一部を表示しています
汐留鉄道倶楽部 鉄ちゃん必読!鉄道に関する裏話、うんちくなどを共同通信の鉄道オタク記者がたっぷりと書き込みます。隔週更新
記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]

県内ニュースランキング >>もっと見る

[PR]
[PR]
↑pageTop