汐留鉄道倶楽部コラム一覧

目黒川の桜人気に感慨〜京急・新馬場の思い出

4/8
観光クルーズ船も行き交う目黒川。中央横長の建物が新馬場駅ホーム

 東京都心の南縁を流れて東京湾に注ぐ目黒川。近年桜の名所として名が知られ、今春は小型クルーズ船による団体見物も復活してにぎわった。
 京急電鉄で品川から二つ目の新馬場駅は、旧東海道品川宿の最寄り駅。高架に設けられたその駅の造りがユニークだ。ホームはちょうど目黒川をまたいで南北に長さ200メートルもある。遠くから見ると街に浮かぶ巨大なタンカーのようだ。各駅停車しか停車せず、4両編成なら70メートル余しかないのでホームの長大さがかなり目立つ。ホームの両端から線路下に下りたところに改札口があり、そこからさらに高架下を100メートル近く歩いてようやく商店のある表通り、いわゆる「駅前」に出る。だか…

残り1180文字/全文1480 文字 ※本文の一部を表示しています
汐留鉄道倶楽部 鉄ちゃん必読!鉄道に関する裏話、うんちくなどを共同通信の鉄道オタク記者がたっぷりと書き込みます。隔週更新
記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]

県内ニュースランキング >>もっと見る

[PR]
[PR]
↑pageTop