汐留鉄道倶楽部コラム一覧

複線の気動車旅は空が広かった

12/10
下館で発車を待つ「水海道乗り換え取手行き」

 ここ数年、茨城県内の鉄道に好んで乗っている。それは、(1)コロナ禍で遠距離旅行が困難(2)東京都内の鉄道は日常的に乗っている(3)何と言っても茨城は近いし、旅の軸となる常磐特急に親近感がある―と言うのが理由。そこで深秋の茨城小旅に出た。
 今回は下館から取手までの関東鉄道常総線(51・1キロ)。非電化の私鉄ローカル線にしては長距離だ。特徴は途中の水海道―取手間が複線となっていること。非電化ローカル線は単線というのが定番だが、この区間は立派な複線となっているのだ。その上、この区間は通勤時間帯だと6分間隔で運行、さらに「快速」まである。興味をそそられる地方私鉄である。
 ということで…

残り1225文字/全文1525 文字 ※本文の一部を表示しています
汐留鉄道倶楽部 鉄ちゃん必読!鉄道に関する裏話、うんちくなどを共同通信の鉄道オタク記者がたっぷりと書き込みます。隔週更新
記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]
[PR]
[PR]
↑pageTop