人とのつながり大事に 阿部サダヲインタビュー

2022年10月2日

 孤独死に焦点を当て、本県で撮影した映画「アイ・アム まきもと」が、9月30日に全国公開された。庄内市役所「おみおくり係」の牧本壮が巻き起こす、生と死をテーマにした心温まる物語だ。牧本を演じた阿部サダヲに作品への思いや山形の印象、俳優の仕事などについて聞いた。


“阿部市長”、議場で映画PR

一日酒田市長として一般質問に答弁する阿部サダヲ=酒田市議場

 公開に先立ち、阿部サダヲと水田伸生監督は9月28日、酒田市議場を訪れて「模擬議会」に臨み、一般質問に答える形で映画をPRした。市議と市執行部が通常の議会通りに着席する中、2人が登場。丸山至市長が映画のタイトルにちなみ「アイ・アム まるやま」と自己紹介し、阿部に一日酒田市長任命書を、水田監督に市親善市民証を手渡した。

[PR]
[PR]
[PR]

県内ニュースランキング >>もっと見る

[PR]
[PR]
↑pageTop